<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

たわらノーロードシリーズ‐ネーミングに隠された思いとは?

0

     

    たわらノーロードシリーズ‐ネーミングに隠された思いとは?

     

    私が運用している商品の中で特におすすめしたいのが、この「たわらノーロードシリーズ」です。

     

    まず、「たわら」といネーミングがとても印象に残りませんか?

     

    この言葉には社員の熱い思いが隠されています。たわらとは、米や麦などの穀物を保存する容器です。時代劇などでよく見かけますね。昔は米などの穀物は富の象徴でした。

     

    たわら=蓄える=富

     

    「たわら」とい言葉に富を蓄えるという意味を込めました。

     

    なかなか、ユニークで奥が深いネーミングだと思います。

     

     

     たわらノーロードの特徴

     

     低コスト

    投資信託がおどろくほど安いです。例えば、代表的な日本株式を集めた「たわらノーロードTOPIX」の信託報酬0.1944になります。他社と比較しても、日本株式を集めた同じような商品では信託報酬が0.5以上になります。

     

     ノーロード

    商品名にもあるように、もちろん手数料が無料のノーロードになります。

     

     インデックスファンド

    平均株価に連動したローリスクで安心できるインデックスファンドになります。

     

     積み立て

    たわらノーロードは、長期積み立てを想定した商品です。信託報酬が安く、ノーロードなので積み立てによって確実な資産形成ができます。

     

     運用資産

    国内最大級の規模になります。運用資産は多ければ多いほど商品として安定してきます。

     

     たわらノーロードシリーズのラインナップについて

    国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、国内リート、先進国リート、バランス型などそれぞれの特徴に応じて、多数のラインナップを取り揃えています。

     

     運用会社

    アセットマネジメントOne株式会社

     

     まとめ

    手数料無料、信託報酬が安く、長期的な積み立てによる資産形成にお勧めの金融商品です。これからも、私が運用している「たわらノーロードシリーズ」がどのように育っていくかレポートしていきます。

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

     

    経済の高校教師 * たわらノーロードシリーズ * 17:30 * comments(0) * -
    このページの先頭へ