<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

証券会社への預金と銀行への預金どちらがお得か?

0

    JUGEMテーマ:証券会社

     

    証券会社への預金と銀行への預金どちらがお得か? 

     

    答えを先に言うと

     

    証券会社への預金の方が断然お得です。

     

    証券会社への預金の事をMRFと呼びます。

     

    証券会社にお金を入金すると、その口座からお金が引き落とされ、金融商品を購入することができます。余ったお金はどうなるかと言うと、そのまま、MRFとして、運用されます。

     

    証券会社にお金を預けることになるので、安心出来ると思います。証券会社のMRFや金融商品は日本投資者保護基金によって、銀行と同じく1000万円まで保証されています。

     

    さて、証券会社への預金の最大のメリットですが、銀行の普通預金よりも金利が高いことです。(2017年)現在銀行の普通預金は0.001%〜と低金利。10万円を預けても1円にしかなりません。これでは、銀行に預ける意味はほとんどないに等しいです。

     

    証券会社の預金であるMRFの金利は通常、銀行の普通預金よりも高めに設定されています。

     

    しかし、気を付ける点としては現在0金利政策の影響で、MRFで金利が全くつかない証券会社も存在しています。

     

    自分が取引をしているMRFがどれぐらいの金利なのか調べる必要があります。

     

    また、MRFは証券会社に口座さえあれは、特に手続きもいりません。ただ入金さえすれば良いので手間がかかりません。

     

     

     まとめ

     

    ・証券会社への預金は銀行預金よりも金利が高いのでお得。

    ・0金利政策の影響で、金利が付かない証券会社もあるので注意が必要。

     

     

    *参考文献・投資生活をはじめるためのバイブル的書籍です。

     

     


    >トップページへ

    >記事の検索はここから

     

     

    経済の高校教師 * 金融商品について * 17:38 * comments(0) * -
    このページの先頭へ