<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 資産が雪だるま式に増える秘密とは? | main | 総額運用レポート!ついに投資信託の資産が100万円を突破 >>

資産を形成する三つの視点!1番大事な視点とは?

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

     

    資産を形成する三つの視点!1番大事な視点とは?

     

    資産を形成するには次の3つの視点があります。

     

    かせぐ仕事をして給与をもらいお金をかせぎます。

     

    貯める給与の中から一部貯蓄にまわします。

     

    増やす貯蓄の資産を投資によって増やしていきます。

     

    労働でお金を稼いで、日々の生活に追われる毎日、老後の不安など悩みは尽きません。

     

    お金を稼いで、貯めて、消費する。このサイクルでは一生、過酷な労働から逃れることができず、老後は貯蓄を切り崩すだけの不安な生活が待っています。

     

    では、過酷な労働から逃れて、老後もお金に困らない生活を送るにはどうすれば良いのか考えてみます。

     

    お金を稼いで、お金を貯める。ここまでは誰でも行っている事だと思います。しかし、これだけでは、大事な視点が抜けています。

     

    それは

     

    「増やす」

     

    これが重要です。

     

    お金がお金を増やしてくれる。この原理と方法を知ることが、過酷な労働から逃れ、お金に困らない老後を過ごすキーワードになります。

     

     

     例…1000万円を貯めるために、給与の中から毎月1万円を貯金

     

    純粋に、月々1万円で1000万円を貯めるには、1000÷12=83.4で、83年4ヵ月年必要になります。この場合増やすという視点は入っていません。

     

    では、ここに、増やす視点を入れるとどうなるのか?

    32年11ヵ月で1千万円になります。約50年の月日が短縮されました。これが、増やす威力になります。

     

    この50年の短縮は5%の運用で計算しています。安全に5%の運用を可能にしているのが、インデックスファンドになります。

     

    インデックスファンドは証券会社で購入することができます。下記がおすすめです。

     

    ちなみに、同じ運用でも、銀行預金だとどうなるのでしょうか?

     

    現在(2018年)は低金利時代、仮に0.1%で運用できても、1千万円を貯めるには80年1ヵ月もかかります。3年だけしか期間が短縮されていません。

     

    インデックスファンド投資と銀行預金とでは、一千万円を貯めるには、47年もの差がでます。

     

    インデックスファンドに投資をするだけで、一千万円を貯めるのに47年も時間が短縮されます。

     

     

     月々1万円貯蓄

     

    利回りなし→83年4ヵ月=1千万円

    銀行預金→80年1ヵ月=1千万円

    インデックス投資→32年11ヵ月=1千万円

     

    ◎では、インデックスファンドで80年1カ月投資を続けるとどうなるのか?

     

    なんと、1億2千809万2596円になる。

     

    この場合運用収益が1億1千848万2596円、元本が961万円になります。

     

    年月が長くなればなるほど、ほとんどが利回りによる収益になります。

     

    誰でも、0歳の時から、月一万円で良いので投資を続けると、億万長者になれると言うことです。

     

    億万長者になるのはそんなに難しいことではありません。

     

    お金をかせいで、貯めることは誰でも知っていると思います。しかし、お金を増やす方法を知らない、知っていても実行に移さない場合が多いと思います。

     

    お金をかせいで、貯めるしか知らないのと、お金を増やす方法を知っているのとでは大きな差が出ることを分かってもらえたと思います。

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

     

    経済の高校教師 * 投資をはじめよう * 17:55 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ