<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 投資をはじめる時に最低限準備するものとは?これだけあればスタートできる | main | リスクを分散!投資を行う本当の理由とは? >>

お金を失わない2つのポイント!安心できる投資信託の買い方

0

    JUGEMテーマ:投資信託

     

    投資信託を購入する2つのポイント

     

    購入ポイント

     

     

     その1

     

    ノーロードと低保有コスト(信託報酬)

    ★ノーロードとは?><★信託報酬ってなに?

     

    投資信託★投資信託の仕組みとは!には購入する時や売却する時に手数料が発生する。また、持っているだけで信託報酬という経費が発生する。

     

    投資信託購入の最大のポイントはこの、手数料と信託報酬の額が安い事である。

     

    手数料に関しては、ノーロードと呼ばれる手数料無料の商品も存在している。

     

    『ノーロード→手数料が発生しない金融商品』

     

    手数料は発生しない方が良いに決まっています。

     

    基本的にはノーロードの商品を選ぶと良いでしょう。

     

    商品の保有コストに関しては信託報酬を気にする必要があり、信託報酬が高額になれば、経費も多くかかります。

     

    投資信託は保有しているだけで、お金が発生しています。と言うことは、保有している投資信託の価値が変動しなかった場合、信託報酬の額だけ価値が下がっているということになります。

     

    そのため、できるだけ商品の保有コストが低いものが望まれます。

     

    特に、積み立てで、長期的な運用を考えている場合は信託報酬の額は重要になります。

     

     

     その2

     

    成長性か安定性か

     

    年齢も若く長期的な運用を考えている場合、将来的に成長が望める新興国に投資をして、成長性を重視した選択が必要になります。

     

    年齢も高齢で、短期的な運用を考えている場合、安定した先進国に投資をして、安定的な運用が大事になります。

     

    理想を言えば、成長が望め、安定した商品ほど最強だと思います。

     

    積み立て購入をする、様々な商品を購入するなどして、全体として安定させる方法もあります。

     

     

     まとめ

     

    ・手数料が出来るだけ安い商品を選ぶ。ベストはノーロードの商品

     

    ・信託報酬(商品保有コスト)が少ない商品を選ぶ

     

    ・成長性と安定性のどちらかの要素、あるいは両方の要素がある商品を購入する

     

     

    *関連した内容でよく読まれている記事になります。

     

    ★市場と連動された投資必勝のすぐれた商品インデックスファンドとは

     

    ★バランス型の投資信託とは?確実な資産を形成してみませんか

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

     

    経済の高校教師 * 投資信託 * 19:38 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ