<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ネット銀行!目的合えば得ばかりメインバンクで使えるよ | main | 40代の自分が今一番こうかいしている事とは? >>

札束で遊ぶ子供たち!投資をしないリスクを考えてみよう

0

    JUGEMテーマ:その他

     

    札束で遊ぶ子供たち!

     

    投資をしないリスク

     


    上の写真を見てもらいたいが、子供が何で遊んでいるか注目してもらいたい。

    『札束で遊ぶ』

    この札束は本物のお金。

    この画像は、お金は紙よりも価値が低くなる事がある事を証明している。


    『お金は紙以下の価値になる事がある』


     なぜお金の価値が紙以下になったの?

    インフレが起きたからです。

     

    第一次世界大戦後のドイツでは、急激なインフレが起きました。第一次大戦に敗れたドイツでは、賠償金の支払いに苦しみ、お札を多く印刷して支払いにあてました。その結果、お札の数が増えすぎて、インフレが起きてしまいました。

     

    インフレとは物価が上昇し続ける現象、当然お金の価値もほとんど無くなります。

    もし、1万円で買えていた積木が、100億円に値上がりしたら、積木を買うよりも、1万円札の札束を積木がわりに遊んだ方が特になります。

     

    第1次世界大戦後のドイツの子供たちは、積み木を買うよりも、札束を積み木代わりにした方が、経済的に安く遊べたのです。



     インフレと金融


    インフレになると、お金の価値が低くなるので、銀行に預けたお金が紙以下の価値になることもあります。

    また、やっかいなことに、インフレはいつ起きるか予測が難しい。

     

    そして、インフレは様々な地域、時代を通じて発生しています。もちろん、日本でも何度もインフレは起きています。


    と言うことは

    銀行に預けたお金は安心できない。

    ではどうすれば良いのか?


     より確実な資産形成のために


    金や不動産、美術品など資産を分散させる。

    銀行以外に資産をつくっておく。

    お金以外の資産を持っておく。

    投資をする。

    海外の株や金融商品を買っておく。

    など、銀行にお金を預ける以外に資産を形成しておく事が重要です。

    投資の重要性が分かってもらえたと思います。

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

    経済の高校教師 * 投資をはじめよう * 17:45 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ