<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 財産を失うリスク考えよ!分散をして楽しく育つ♪ | main | 投資の経験と失敗も財産になる!若い時の苦労は買ってでもせよ?本当に? >>

ここだけの秘密にしてね!教師の給料と貯ちく術

0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

     

    ここだけの秘密にしてね!教師の給料と貯ちく術 

     

     

     例 月給30万円、年収500万円

    地方都市のある高校教師(私自身)勤続年数約10年

     

     

     いつでも使える銀行預金100万円

    ・・・お金を使うと、ボーナスなどの時に補充する

     

     給与天引きで貯蓄

    ・・・月2万円、手続きはめんどうだがお金をおろすこともできる

     

     個人年金

    ・・・月1万円、解約をしないと基本お金をおろすことができない

     

     住宅ローン

    ・・・月5万5千円、約20年のローンを組んだ

     

     国債

    ・・・日本やアメリカなど国内外の国債を購入。月1万円、ボーナス時に3万円

     

     株や投資信託などの投資

    ・・・月3万円、ボーナス時に約10万円

     

     

     私の例

     

    基本銀行は、金利がほとんどつかないので、使うお金だけを預けるようにしています。

     

    現金を増やす方法としては、銀行よりも利子が高い、給与天引きの財形と個人年金で増やす方法をとっています。それ以外にも、国債をボーナス時に購入して、より安定的な現金予算を形成しています。

     

    現金の資産を増やすだけでなく、株や投資信託を購入して、高いリターンをめざしながら、現金以外の資産もつくります。投資信託に関しては、主にバランス型の投資信託を購入して、ローリスクで銀行よりも高いリターンを得ています。

     

    資産形成の中では一番ウエイトを占めている、不動産のローンですが、無理なく支払いができる範囲でローンを組んでいるので、ほとんど家計を圧迫していません。ローンを組む目安は年収の4倍までに抑えた方が良いと思います。

     

     

     貯ちくのポイント

    さまざまな資産に、毎月決まった金額を投資します。

     

    ポイントは残ったお金を投資するのではなく決めたお金を最初に投資することです。

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

    経済の高校教師 * サイト運営者 * 17:08 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ