<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ここだけの秘密にしてね!教師の給料と貯ちく術 | main | 投資の世界ピンチこそ最大のチャンスだ!初心者必見 >>

投資の経験と失敗も財産になる!若い時の苦労は買ってでもせよ?本当に?

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    投資の経験と失敗も財産に!

     

     

    若い時から続けるライフワークの1つに投資がある。自身の財産を守り、どう増やしていくか、人生の中でとても重要なテーマだと思う。

     

     

     年齢を重ねてから投資をはじめた場合

     

    サラリーマンなら、会社を退職した時に、退職金や会社独自の積立などで、2000万円以上の大金を手にすることも珍しくはない。

     

    しかし、2千万円のお金で老後を乗り切れるかというと、そんなに世の中あまくない。そこで、この2千万円を元手に資産運用を考える。

     

    だが、投資経験がないと、全部を低金利の銀行に預けたり、よくわからないまま投資をはじめて資産を減らしたり、最悪、悪質な詐欺に引っかかり、退職金を全て失ってしまうこともある。

     

    年齢を重ねてからの失敗は、生活苦に直結する。

     

     

     若い時に投資をはじめる

     

    若い時は、投資に使える金額も少ない。

     

    逆に言うと、少ない金額で投資の経験を積むことができる。

     

    投資の経験を通じて、投資とはどのようなものなのか、そのリスクやメリットについて身を持って知ることができる。

     

    実際に体験するのと、知識だけで知っているのとでは大きな差である。たとえ、若い時に失敗をしたとしても、損失は少なく、また、その失敗は経験として、蓄積されていく。

     

     

     若い時に投資で失敗して勉強をする

     

    (例)投資で失敗をして投資額が半分になった場合

     

    年齢25歳

    ・・・投資額20万円→10万円

    *減った10万円は勉強料の代わりになり、今後の経験に生かされる。

     

    年齢60歳

    ・・・投資額2000万円→1000万円

    *老後の生活資金が1000万円も減り、生活不安が残るだけとなる。

     

     

    若い時の苦労は買ってでもせよ。

     

    投資生活にはぴったりとあてはまる言葉だと思った。

     

     

    ◎参考文献・詳しいことが知りたい方は下記の本を参考にしてください。実践するとお金がうそのように貯まる20代でやっておくべき事とは。

     

     

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

     

    経済の高校教師 * 投資をはじめよう * 17:41 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ