<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 金貸しなどの金融業が禁止されていた理由とは?歴史から学ぶ教訓 | main | お金も恋もじっくり育てることに変わりなし‐恋とお金の必勝学 >>

金貸などの金融業で莫大な富を得た民族!歴史の教訓から学べること

0

    JUGEMテーマ:社会教育

     

    金貸などの金融業で莫大な富を得た民族!

     


    古い時代、金貸しなどの金融業は、宗教的、社会的に禁止、もしくは嫌われていた。

    そんな中

    ユダヤ人社会は金貸しなどの金融業を古い時代から容認していた。

    結果、ユダヤ人はヨーロッパや西アジアで巨大な富を築くことができた。

     

    歴史的には苦難の道を歩んだユダヤ人であったが、お金の力よって、ヨーロッパや西アジアで権力を持つことができた。


    また、ユダヤ人資本は政治と結びつき、国家の歴史に大きな影響を与えることもあった。

    このあたりの理由から、ユダヤ人を排除しようとする動きも出てくる。その典型的な例がヒトラーのユダヤ人大虐殺である。ヒトラーがユダ人を大量に虐殺した理由はこれ以外にもさまざま考えられるが、お金の力で政治権力を握るユダヤ人に対する嫌悪感は相当だったようである。

    現在の世の中でも、ユダヤ人資本は大きな力を持ち、政治に影響を与えている。

    世界の歴史動かしているのはユダヤ人資本とまで言われる時がある。(諸説あり)


     歴史の教訓を生かす


    ユダヤ人が金融業を営んだ結果、莫大な富を手に入れた。金融業には、富を築くチャンスがあるということだ。

     

    われわれ現代人が金融に挑戦しないのはあまりにも、もったいない話だ。せっかく現代人は自由に金融に参加できるので、このチャンスを逃さない方が良い。

    しかし、儲け主義に走り、熱くなりすぎると、周りから反発されることもある。

    何事もほどほどが1番である。

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

    経済の高校教師 * 経済の歴史と現在の関係 * 18:37 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ