<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 毎日の株価チェックや商品売買!これって疲れるよね? | main | 資本主義経済に生きる私たちの知恵とは?お金を銀行に預けるリスク! >>

金融機関がすすめる商品を購入してはいけない理由とは?

0

    JUGEMテーマ:株・投資

     

    金融機関がすすめる商品を購入してはいけない理由とは?

    金融機関がすすめる商品や大々的に宣伝している金融商品。一見お得な商品だと思いますが、よく考えると、それは間違いです。

     

    金融機関がおすすめする商品は、自分達がもうかる商品、つまり、手数料が高いなどお客さんにとっては損をする商品の可能性が高いです。

     

    金融機関のおすすめ商品は、手を出さない方が無難だと思います。

     

    例えば、自分が金融機関の人間だった場合、手数料が高い商品と、手数料が安い商品のどちらをお客さんにおすすめするかである。

     

    手数料は全て、金融機関のもうけとなります。ならば、出来るだけ手数料が高い商品を売りたいと思う方が自然だと思います。

     

    それは、けっして、お客さんにとってのおすすめではなく、金融機関にとってのおすすめ商品なのです。

     

    また、金融機関はおすすめ商品を売るために、見た目が美しいパンフレットを作り、お金をかけて宣伝をします。

     

    お金をかけている以上、宣伝をして商品を売り込もうと必死になるはずです。

     

    宣伝に費やしたお金は、お客さんから回収しなければいけません。必然的に、ハイリスクな商品や手数料が高い商品になってしまいます。

     

     

    *参考書籍紹介・下記の書籍を参考にこの記事を書います。だれでも手軽に3000円からはじめるおどろきの投資生活とは。

     

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

    経済の高校教師 * 金融商品について * 18:32 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ