<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 投資信託を31品目も購入理由とは?‐お金を貯める日記 | main | 45万円の資金を追加投入!ボーナス戦線異状あり?‐2017年11月 >>

ボーナス戦線異状なし?‐金融日記

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    ボーナス戦線異状なし?‐金融日記

     

    ボーナスを見越して、投資信託を大量に買いました。

     

    12月になるとありがたいことに臨時収入としてボーナスが入ります。このボーナスをどのように資産運用するか、考えてみました。

     

    そこで、過去の統計を見てみると、12月は株価が下がり、1月になると株価が上昇していることが分かりました。

     

    しかし、ここは、逆の発想を試してみようと思います。予想が外れても損をしないような買い方をします。

     

    会社によっては12月にボーナスが支給されます。株価も回復している現在(2017年)ボーナス時に私のように株式や投資信託を購入する人も多いと思います。

     

    株式や投資信託の購入が増えれば、一時的に株価は上がると予想されます。つまり、ボーナスの時期は株式や投資信託を買う人が増えるので、株価も上昇すると予想しました。株価が高くなる前に、投資信託を先に購入してしまうほうが得だと気がつきました。

     

    ボーナスはまだもらっていませんが、ボーナスをもらう前に、投資を行い、できるだけ、株価が安い時に予定よりも多く購入しようと思います。

     

    購入予定の金額よりも少し多めに買い、12月のボーナス時期に株価が思惑通り上昇すれば、多めに購入した部分を売却する予定にしています。

     

    思い通りにいくかいかないかは来月まで待たないと分かりません。たとえ予想に反して株価が下がったとしても、株価が回復するまで待つだけです。また、予定よりも多い金額を今回は投資にまわしたと言うだけの事なのでそれほど気になるものではありません。

     

    買い方はローリスクのインデックスファンド、ハイリスクのアクティブファンド、国内株、外国株などを合わせて買います。これで、リスクがかなり軽減されます。

     

     

     購入品目一品1万円・17商品

     

    ・たわらノーロードTOPIX

    ・たわらノーロード先進国債券

    ・ひふみプラス

    ・ニッセイTOPIXインデックスファンド

    ・ニッセイ外国株式インデックスファンド

    ・ニッセイグローバルリートインデックスファンド

    ・ニッセイ・インド厳選株式ファンド

    ・損保ジャパン拡大中国株投信

    ・iTRUSTエコイノベーション(イノベーションが地球環境を変える)

    ・アジア・ウェイブ アジア債券ファンド中国元コース

    ・三井住友・アジア4大成長国オープン(ベトナム・インド・中国・日本)

    ・SMTグローバル株式インデックス・オープン

    ・JPMアジア株・アクティブ・オープン

    ・eMAXIS バランス(8資産均等型)

    ・eMAXISプラス コモディティインデックス

    ・LOSA長期保有型国際インデックスファンド(LOSA投資の王道)

    ・楽天資産形成ファンド(楽天525)

     

    結果はどうなるか乞うご期待、また


    >トップページへ

    >記事の検索はここから

     

     

    経済の高校教師 * 投資生活日記 * 17:09 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ