<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)を購入しようと思った理由とは? | main | たわらノーロードシリーズ‐ネーミングに隠された思いとは? >>

株式!お金が無くても事業展開ができる方法とは?

0

    JUGEMテーマ:株の投資塾

     

    株式!お金が無くても事業展開ができる方法とは?

     

    よく耳にする株式ってなにでしょうか?

     

    会社が何かしら事業を展開するには、必ずお金が必要になります。その企業がお金を集まるための方法が株式の発行です。

     

    企業は株式を発行し、投資家が購入します。企業は集めたお金を使って事業を展開して、利益を生み出します。その利益を出資者に還元するシステムが株式というわけです。

     

    お金が無い人でも、アイデアがあれば、お金を集めることが出来、それを元手に商売ができるという画期的なシステムです。

     

    株式会社のはじまりは、オランダの商人が出資者をつのって、そのお金で人を雇い船と積み荷を購入し、海外貿易で巨額な富を築いたことがはじまりとされています。

     

     

     株式の仕組み

    会社が株式を発行→投資家が株式を購入→会社は集めたお金で事業展開→利益が発生→利益を投資家に還元

     

     

     株式の正体

    株式は会社の所有権を一部売りに出している商品です。なので、株を購入すると、その会社の所有者の1人つまりは株主になります。そして、おどろくことに、株式を半分以上買い占めるとその会社の所有権を事実上手に入れることが出来ます。会社の買収はこの方法で行われています。

     

     

     株式のリスクとリターン

    購入した株式は、会社の業績に連動して、価値が上がったり、下がったりします。投資家はその上がり下がりを利用して、売り買いをして利益を得ます。

     

    会社が倒産してしまうと、その会社の株式の価値は当然0になります。しかし、会社の業績が飛躍的に伸びると、その会社の株式の価値も跳ね上がります。場合によっては何倍、何十倍にもなることもあります。

     

    リスクも高いですが、その分リターンも高い商品だと思います。

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから


    経済の高校教師 * 株の仕組み * 20:00 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ