<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

仮想通貨とは?

0

    JUGEMテーマ:資産運用

     

    仮想通貨とは?

     

    これまでの歴史を振り返ると、生活、文化、社会の必要性に応じて様々な通貨が誕生した。

    現在、インターネットが日常生活では必要不可欠な存在になっている。このような世の中で、仮想通貨が登場した。

     

    仮想通貨とは、インターネット上で使われる通貨。

     

    ネットワークシステム技術=ブロックチェーンの発展はこれまでの経済活動にはない大きな可能性を秘めている。

     

    ブロックチェーンの技術によって、資金の決算、送金などにかかるコストを削減できる。ハッキングなどの危険性はあるが、無駄なコストを省き、利益とメリットを追求する企業にとっては、必要とされる技術である。

     

    また、仮想通貨は、インターネット上での通貨の役割以外に、投機の対象として、投資家達が注目している。今後、ますます普及する技術なので、一獲千金のチャンスでもある。

     

    仮想通貨と言えば、ビットコインが有名である。このビットコインは政府中央銀行の管理を受けない通貨で、取引参加者がお互いに確認し合うことにより流通が成立している。

     

    これまでの常識では、通貨は中央政府が管理し、その権力の裏付けで、流通が成立した。

     

    しかし、仮想通貨は中央政府の管理なしで、通貨としての機能を果たしている。この事実は画期的なことだが、今後大きな危険性も含んでいる。

     

    大きな危険性も含んでいるが、今後、仮想通貨が様々な場所で浸透していくだろう。

     

    これから必ず伸びる市場、今が投資の最大のチャンスだと感じている。

     

    >トップページへ

    >記事の検索はここから

     

    仮想通貨はここから購入できます。

    経済の高校教師 * 仮想通貨 * 17:19 * comments(0) * trackbacks(0)

    アメリカ国債をはじめて購入したその理由とは

    0

       

       

      JUGEMテーマ:つぶやき。

       

      アメリカ国債をはじめて購入したその理由とは

       

      現在(2018年)為替レートがじりじりと円高に向かって動きその後、停滞しています。

       

      昨年まで、1ドル=110円代を推移していたのだが、一時期1ドル=105円まで円高が進み、現在は110円付近を推移しています。(8月)

       

      昨年から月に約数万円アメリカ国債の購入をはじめました。

       

       アメリカ国債を購入した理由

      ・日本国債の利子があまりにも安すぎる(0.05%)

      ・アメリカ国債の金利は日本国債よりも高額(2%以上)

      ・アメリカ国債の格付けが高い(AA+)

      ・株のような価値の変動がない

      ・預金よりも安定

       

      外貨を購入する上でリスクとなるのが為替相場。円とドルの価値は日々変わっています。ドルと円の相場によっては大きな損失をしてしまうかもしれません。

       

       為替の変動対策

      ・利子と元金の受け取りをドルで受け取るように設定をした。

       

      この方法なら自分のタイミングでドルを円に変換できるため、損失を無くすことができます。

       

       現在のアメリカ国債の総額

      現在2000ドルを購入

       

      アメリカ国債はここから購入できます。

      >トップページへ

      >記事の検索はここから

      経済の高校教師 * アメリカ国債と社債 * 18:31 * comments(0) * -

      小さな影響13ヶ月目の報告!eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)イーマクシス スリム・2018年5月

      0

        JUGEMテーマ:投資信託

         

        小さな影響13ヶ月目の報告!eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)イーマクシス スリム・2018年5月

         

         

        8つの資産を組み合わせているので、他の商品に比べて、好景気や株価大暴落でも影響は少なめです。

         

         

         株価大暴落

        株価が2月に突然大暴落をしてしまい、それにつられるように所有する金融商品の大部分が資産価値を大きく下げました。(こんなことはじめてだったので、困惑)

         

        国内外株式だけでなく、外国リート、外国債券も大きく資産価値を減らしました。

         

        しかし、国内リートと国内債券のみが株価暴落の影響をほとんど受けずに成長を続けています。(さすが、安定の我が日本国、買っていて良かった。)

         

        そして、大部分の金融商品が−になっていくなか、資産価値は減らしたものの、なんとか、踏ん張ってくれたのがeMAXIS Slimです。(積立購入していて良かった♪)

         

        その後、株価は下げ止まりしましたが、いまだに暴落した状態が続いています。

         

         

         最近の動き

        年初めは好調で、一時期利回り6%を突破しました。(この頃は良かった!)

        しかし、2月上旬突然、株価が大暴落しました。それにつられて「eMAXIS Slimも価値を下げました。

         

         

         経過報告

         

        投資期間…13ヶ月

        投資総額…8万6000円

        利回り…1%〜2%

        現在の総額8万7644円

        トータルリターン…+1644円

         

        >トップページへ

        >記事の検索はここから

         

        経済の高校教師 * eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)イーマクシス スリム * 19:18 * comments(0) * -

        恐慌から少し回復13か月目世界経済インデックスファンド経過報告! 2018年5月

        0

          JUGEMテーマ:つぶやき。

           

          恐慌から少し回復13か月目世界経済インデックスファンド経過報告! 2018年5月

           

          久々に経過報告をします。

           

          これまで、順調に育っていた世界経済インデックスファンドですが、株価が2月に突然大暴落をしてしまい、それにつられるように世界経済インデックスファンドも資産価値を減らしました。(う〜ん、これからどうなるのやら!)

           

          その後、株価は下げ止まりしましたが、いまだに暴落した状態が続いています。この様な時こそ、平常心で、いつもと同じように積立購入を続けます。(私は気が長いので世界の経済が復活するのを気長に待ちます。)

           

          早いもので、世界経済インデックスファンドを積立購入して、はや1年が経過しました。

          (なんで、こんなに1年が経つのが早いのやら)

           

           

           最近の動き

           

          年末から2月にかけて、好調で、一時期利回り6%を突破しました。(この頃は良かった!)

          →2月に突如、株価が大暴落し、世界経済インデックスファンドも一時期、−を記録する日がありました。(あせりと不安の日々)

          →その後、下げ止まりになり、硬直状態が続きました。(少し安心)

          →4月に入り、少しずつですが、株価も回復してきました。しかし、まだまだ、年初めの水準は満たしていません。

           

           

           経過報告

           

          期間…13カ月

          利回り…〜1%

          投資総額…16万2千円

          現在の評価額…平均16万3364円

          トータルリターン…+1364円

           

          >トップページへ

          >記事の検索はここから

           

          経済の高校教師 * 世界経済インデックスファンド * 19:20 * comments(0) * -

          ポートフォリオとは?これを知れば貴方の資産管理は完璧に近づく

          0

            JUGEMテーマ:資産運用

             

            ポートフォリオとは?これを知れば貴方の資産管理は完璧に近づく

             

            ポートフォリオ、聞きなれない言葉かもしれませんが、結構重要です。簡単に説明すると様々な資産を組み合わせ、リスクを減らした資産をつくっていくこと。リスクを減らしながら相乗効果として、資産を増やすことも出来る。

             

            ◎リスク

             銀行預金

            →インフレーションになると、実際に所有するお金の価値が下がります。例えば、100円で購入できたものが、インフレで千円になると、100円の価値が10分の1に大きく下がったことになります。

             

             株式

            →株価が暴落すると所有する株式の価値も下がる。最悪会社が倒産すると、所有する株式は紙切れ同然になる。

             

             外国債、外貨

            →為替レートによっては、大きな損失が出る。

             

             不動産

            →環境破壊、戦争、人口移動によって、所有する土地の価値が大きく下がる事がある。

             

             

            金融商品にリスクはつきもの。

             

            「金融商品のリスクを無くす方法はありません」

             

            また、経済は先が読めない以上、誰も予想は出来ません。

             

            なので

             

            「リスクを減らすしか方法はありません。」

             

            ◎資産を増やす

            日本では銀行預金が一般的ですが、現在(2018年)金利はほとんどつきません。資産を増やすことを考えるなら、株や外国債、不動産を考えないといけません。世界の経済は長いスパンで考えると上昇し続けています。しかし、短期間で見ると経済の変動は激しく動いています。様々な資産を併せ持つことによって、資産は安定し、結果として資産を増やすことができます。

             

            >トップページへ

            >記事の検索はここから

             

            経済の高校教師 * 貯蓄の方法 * 17:00 * comments(0) * -

            どんな人が最終的に大きな資産を残せるのか?証券会社社員の一言

            0

              JUGEMテーマ:株の投資塾

               

              どんな人が最終的に大きな資産を残せるのか?証券会社社員の一言

               

              知り合いの証券会社社員から衝撃の言葉を聞いた。

               

              「金融商品は売らずに長期保有」

               

              短いスパンで売り買いせず、最後まで持っている人が結局は大きな資産を残す。

               

              短期の株価の動きで、金融商品の売り買いをしても、最終的には、商品を動かさずに持ち続けている人の方が利益を得ることができる。

               

              はっきり言って、短期の株価の動きに左右される生活は、時間の無駄です。貴重な時間を有効に使うことが大事です。

               

              証券会社の社員は、金融商品の価値が上がると売却する事を勧め、下がり始めても売却する事を勧めてくる時があります。

               

              では、なぜ、証券会社の社員は短いスパンで、金融商品の購入や売却を勧めてくるのでしょうか?

               

              それは、手数料などで

              「証券会社が儲かるから」

               

              商品が動けば、その都度、証券会社や銀行には利益が入ります。

               

              証券会社や銀行が儲ければ、その分、消費者は損をしてしまいます。

               

              証券会社や銀行の言いなりになっては貴重な財産を減らしてしまいます。

               

              以上の話はあくまでも、統計的な話です。しかし、株価の動きは100%読めないので、確率的に利益が出る方法がベストな選択だと言えます。

               

              >トップページへ

              >記事の検索はここから

               

              経済の高校教師 * 貯蓄の方法 * 18:57 * comments(0) * -

              仮想通貨XEMについて!coincheckから売却完了のメール

              0

                JUGEMテーマ:ビットコイン

                 

                以下のメールが届きました。

                 

                 

                ■Coincheckからのお知らせ

                xem_jpyの売却が完了しました。

                日時 : 2018-03-12 23:57:34 +0900
                数量 : 160.0 
                価格 : 14167.84 JPY
                レート : 88.549 XEM/JPY

                 

                 

                1月26日に不正に送金された仮想通貨NEMの問題、とりあえずは、返金という形で保証された。

                 

                本当にお金が返金されるのかどうか不安であったが、これでひとまずは安心できた。

                 

                事件から月日が経過していますが、いまだに取引が制限されている通貨が多数ある。しかし、徐々に制限が解除され営業範囲が拡大されている。

                 

                損害に対して、訴訟を起こす動きもみられるが、今はコインチェックが正常に営業再開する方が、契約者にとってもベストだろう。

                 

                もし、営業再開の目途が

                 

                訴訟などでコインチェック側の余計な仕事をへらすことが重要だと感じる。

                 

                コインチェックがスムーズに業務を再開する方法それは、営業再開の準備時間を確保する事。

                 

                今は我慢して

                 

                待つ

                 

                これが一番だと思います。

                 

                 

                >トップページへ

                >記事の検索はここから

                 

                経済の高校教師 * 仮想通貨運用日記 * 17:12 * comments(0) * -

                株価が大暴落した時の対処方法とは!2018年2月5、6日

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  株価が大暴落した時の対処方法とは!2018年2月5、6日

                   

                  株価が大暴落

                   

                  1月中は高値を記録しこれまで好調だった株価が、2月5、6日と大暴落。びっくり仰天

                   

                  自分は、投資信託と株をあわせて、120万円近くの投資をしており、今まで約3万円以上の利益を維持していました。

                   

                  しかし、2月5日に株価が大暴落し、利益が約1万円に、つづく、6日も株価が大暴落し、ついに、ついに

                   

                  総資産がなんと

                   

                  −3万円になってしまいました。

                   

                  特に最近買った銘柄は大きく赤字を示し、1年近く積み立てで購入している銘柄に関してはかろうじてプラスになっています。

                   

                  株、債券、リートとほとんどの商品が赤字を示すという今までにない展開に、正直あせっています。唯一、私が保有する中国株式のみがほとんど影響を受けていません。

                   

                  さ〜て、どうしようか

                   

                   

                   株価大暴落した時の対処方法

                   

                  何もしない、何時もと同じ行動

                   

                  株は株価が高い時に売り、株価が低い時に買うのが鉄則。

                   

                  ここは我慢、株を売却したい気持ちは分かりますが、気長に待つことが大事。株価が大暴落して、あせって売却することはNGです。

                   

                  株価が大暴落し、株が安く購入できるので、財産をつぎ込んで、株を買うこともおすすめできません。

                   

                  なぜなら

                  株価が今後も下がり続けるのか、今回の暴落は一時的なものなのか、誰も100%の予測ができないからです。

                   

                  様子を見て、いつもと同じように決まった金額を投資していくことが大事だと思います。

                   

                  こんな時こそ

                   

                  平常心

                   

                  >トップページへ

                  >記事の検索はここから

                   

                  経済の高校教師 * 投資生活日記 * 19:56 * comments(0) * -

                  コインチェック流失被害者の一人より!どうすれば被害から仮想通貨を守れるのか?

                  0

                    JUGEMテーマ:ビットコイン

                     

                    コインチェック流失被害者の一人より!どうすれば被害から仮想通貨を守れるのか?

                     

                     

                    ガーン、ショック、この怒りをどこにぶつけたらよいのやら。

                     

                    日本最大の仮想通貨取引所、コインチェックで、500億以上に値する仮想通貨が不正に抜かれた事件がありました。

                     

                    なんと、その被害者の一人が私。

                     

                    下記がコインチェックから送られたメールです。

                     

                     

                    不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

                     

                    不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

                     
                    コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。
                     
                    1
                    26日に不正送金されたNEMの補償について

                    http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html
                     
                    総額       52300XEM
                    保有者数   26万人
                    補償方法   NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
                    算出方法   NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
                    算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
                    補償金額  : 88.549×保有数
                    補償時期等 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

                    今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

                     

                    お金で保証をしてくれると言うことですが、いくつか不満と心配があります。

                     

                    ・そもそも本当にお金を返金してくれるのかどうか。

                     

                    ・仮想通貨XEMのレートが88、549ということ。昨年度末から年始にかけて、高騰した仮想通貨の価格は現在暴落しています。今お金で保証してくれても、損失がでる。

                     

                    ・この仮想通貨のXEMは私自身とても期待をしています。今後、10倍、100倍と価値をあげる可能性を秘めたコインです。現金ではなく、XEMをそのまま、保証してほしかった。

                     

                    文句ばかり言っても、進歩はありません。

                     

                     この教訓を生かすことが大事

                    ・多額の仮想通貨はウォレットで保管する。

                    ・分散投資をしておく。

                    ・仮想通貨は余剰金の中の余剰金で購入する

                     

                    やはり、仮想通貨の世界は怖いと再確認しました。

                     

                    >つづき・コインチェック流失のその後と決着

                     

                     

                    >トップページへ

                    >記事の検索はここから

                     

                    経済の高校教師 * 仮想通貨運用日記 * 18:07 * comments(0) * -

                    総額運用レポート!ついに投資信託の資産が100万円を突破

                    0

                      JUGEMテーマ:投資信託

                       

                      総額運用レポート!ついに投資信託の資産が100万円を突破

                       

                      2018年がやってきました。

                      投資をはじめて、9ヶ月の年月が経過しています。最初は3000円から始めた投資生活。

                       

                      購入金額と積立額が徐々に増え、それが今や投資額が100万円を突破しました。

                       

                      以前は現金主義だった私がすっかり、投資にはまってしまいました。

                       

                      100万円を突破すると、リターンも結構なお金になっています。

                       

                      現在、投資信託の資産が1030922円。トータルリターンが28850円になっています。

                       

                      今まで、銀行に眠らせておいたお金、実にもったいないことをしていたと思います。

                       

                      研究のため、現在購入商品は30種類を超えています。

                       

                      しかし、その大部分は、月に100円だけ積立をしています。100円でも積立購入をしていると、商品の育ち方や性質をみることができます。

                       

                       積立金額が高めの商品

                      ・世界経済インデックスファンド

                      ・eMAXIS Slimバランスイーマクシス スリム

                      ・ひふみプラス

                       

                      この3つの商品は積立設定の金額を高めにしています。平均1万円以上。

                       

                       

                       投資信託の10資産

                      ・国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、

                      先進国債券、新興国債券、国内リート、外国リート、物、金

                      それぞれ異なるタイプの商品を購入しています。この10資産は、それぞれ数千円の積立設定にしています。

                       

                      10資産の運用商品は、たわらノーロードシリーズ、eMAXISシリーズ、ニッセイ、SMTなどで組み合わせています。

                       

                       経過報告

                       

                      期間…9ヶ月

                      投資総額…1,030,922円

                      トータルリターン…28,850円

                      積立設定額…月に7万円

                       

                      >トップページへ

                      >記事の検索はここから

                       

                      経済の高校教師 * 資産運用総レポート * 17:56 * comments(0) * -
                      このページの先頭へ